2012年01月07日

千秋の父親は会社の私物化と言われる

千秋さんの父親はガラス会社の社長ですが、創業者ではなく雇われ社長でしたが、会長職に就いたり、長らく役員に就いているということは私物化傾向にはあるでしょうか。

千秋さんもポスターで起用されたとも言われましたし、社長の権限は強めの会社ではあるのかもしれません。

40歳頃になってくると、同じ仕事でも今までとは事情が違ってきて、おばかをやっているのも虚しくなってくるのかもしれませんね。

posted by ぽんたんまん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。